病院の概要・施設基準等

あゆみ

昭和44年10月1日、兵庫県政百年記念事業の一環として現在地に身体障害者の社会復帰を促進するためのリハビリテーションセンター及び附属中央病院(病床94床、診察科・・・内科、整形外科、精神科、外科、泌尿器科、理学診療科、放射線科、麻酔科)を開設しました。

その後、訓練棟、検査棟、診療管理棟など逐次、整備充実が図られ、病床数も昭和45年11月1日に190床に増床。以降、兵庫県におけるリハビリ医療の中核的病院として、高度で専門的なリハビリテーション医療を担当してきました。近年におけるリハビリ医療の需要の増大に対応するため、平成4年2月29日に300床に増床し、新病院が完成し、平成4年4月1日から兵庫県立総合リハビリテーションセンター・リハビリテーション中央病院として再発足しました。

平成12年7月に障害者施設等病棟、平成14年7月に回復期リハビリテーション病棟を開始しました。

平成20年4月1日に、小児科を設置し、肢体不自由児や小児睡眠障害児の病棟として30床を増床し、330床となりました。平成21年4月1日に、神経小児科を設置しました。

平成21年10月1日に、リハビリテーションにおける県域の中核施設をめざし、地域の医療機関との連携および患者サービスの向上を図るため、地域医療連携室を新設いたしました。

平成23年4月1日より名称が兵庫県立リハビリテーション中央病院となりました。

病院の概要

病床数 一般病床330床
(脳血管障害など回復期リハビリ病棟100床、脳卒中・神経難病など50床、切断・脊髄損傷・泌尿器科疾患など50床、骨関節疾患・脊椎疾患など100床、小児整形疾患など30床)
個室完備
診療科目 内科、循環器内科、脳神経内科、整形外科、リウマチ科、小児科、神経小児科、小児精神科、泌尿器科、眼科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、歯科(眼科・歯科は入院患者さんが対象です。)
指定医療機関等
  • 保険医療機関
  • 労災保険指定医療機関
  • 生活保護法指定医療機関
  • 結核指定医療機関
  • 指定自立支援医療機関
  • 原子爆弾被爆者一般疾病指定医療機関
  • 臨床研修指定病院
施設認定等
  • 日本医療機能評価機構認定病院
  • 日本整形外科学会認定研修施設
  • 日本糖尿病学会認定教育施設
  • 日本神経学会教育施設
  • 兵庫県神経難病医療ネットワーク支援事業専門協力病院
  • 日本リウマチ学会教育施設
  • 日本泌尿器科学会専門医教育施設
  • 日本泌尿器科学会排尿機能検査実地見学推薦施設
  • 日本リハビリテーション医学会研修施設
  • 日本麻酔科学会麻酔科認定病院
付属施設 医師宿舎(10戸) 看護師宿舎(62戸) 保育室(定員30名)

施設基準一覧 2020年11月1日現在

厚生労働大臣の定める以下の施設基準の届出を行っております。

基本診療料
  • 地域一般入院基本料 地域一般入院料3
  • 障害者施設等入院基本料(10対1)
  • 臨床研修病院入院診療加算(協力型)
  • 診療録管理体制加算2
  • 特殊疾患入院施設管理加算
  • 看護配置加算
  • 看護補助加算1
  • 療養環境加算
  • 栄養サポートチーム加算
  • 医療安全対策加算1(医療安全対策地域連携加算 有)
  • 感染防止対策加算2
  • 患者サポート体制充実加算
  • データ提出加算1
  • 入退院支援加算1(地域連携診療計画加算 有・入院時支援加算 有・総合機能評価加算 有)
  • 認知症ケア加算2
  • 排尿自立支援加算
  • 小児入院医療管理料5
  • 回復期リハビリテーション病棟入院料1(体制強化加算2 有)
特掲診療料
  • 小児運動器疾患指導管理料
  • 外来排尿自立指導料
  • 薬剤管理指導料
  • 在宅経肛門的自己洗腸指導管理料
  • 持続血糖測定器加算(間歇注入シリンジポンプと連動する持続血糖測定器を用いる場合)及び皮下連続式グルコース測定
  • 検体検査管理加算(Ⅱ)
  • 遺伝学的検査
  • 神経学的検査
  • CT撮影及びMRI撮影
  • 無菌製剤処理料
  • 脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 仙骨神経刺激装置植込術及び交換術
  • 膀胱水圧拡張術
  • 人工尿道括約筋植込・置換術
  • 医科点数表第2章第10部手術の通則5及び6に掲げる手術(ペースメーカー移植術及びペースメーカー交換術)
  • 輸血管理料Ⅱ
  • 輸血適正使用加算
  • 麻酔管理料(Ⅰ)
  • クラウン・ブリッジ維持管理料
食事療養費
  • 入院時食事療養費(Ⅰ)

委員会活動紹介