社会福祉法人 兵庫県社会福祉事業団 兵庫県立総合リハビリテーションセンター

(8月31日更新)新型コロナウイルス感染症対応について、大事なお知らせがあります。お知らせ詳細

お知らせ

事業紹介

障害のあるこどもからおとなまでを対象に、医学リハビリテーション、社会リハビリテーション、職業リハビリテーション、研究・研修、在宅生活の多様な機能をもつ各部門が一体となって相乗効果を発揮し、基本能力の回復や自立、職場や地域、家庭への復帰を総合的に支援します。

当センター開設50周年に際し、記念誌を発行しました。ぜひご覧ください。
総合リハビリテーションセンター開設50周年記念誌【PDF】

職員募集

総合リハビリテーションセンターの職員募集についてはこちらをご覧ください。

お知らせ(職員募集)

施設のご案内

医学リハビリテーション

日常生活に帰るために
病気やケガによって生じた障害を、医学的知識や方法によって、除去、軽減を図ることが医学リハビリテーションです。

社会リハビリテーション

いきいきとした社会生活のために
普通のくらしや社会生活を障害ある人たちにも実現していく働きかけが「社会リハビリテーション」

職業リハビリテーション

働きたいという想いに応えて
就労年齢にある人に働く場を提供し、職能教育・訓練等を行うことが「職業リハビリテーション」です

研究・研修

「自分らしく」を支える
病障害者や高齢者等を含むすべての人達がいきいきと安心して生活できる、ユニバーサル社会の実現を目指します。

地域支援

いつもの住み慣れた暮らしを実現
在宅療養者が地域にとけ込み、安心してわが家で暮らし続けるためのサポーターとして、相談支援から直接的な支援(訪問看護、訪問介護等)を行っています。

福祉施設の紹介

その人らしい豊かな生活の実現に向けて
身体や精神に障害があり、経済的な問題も含めて日常生活をおくるのが困難な方たちが、健康で安心して生活するための施設です。

理念

  1. リハビリテーションにおける県域の中核施設をめざす
  2. 高度で専門的なリハビリテーションを中心とした保健・医療・福祉の総合的なサービスを提供し、障害者等の全人間的復権をめざす
  3. 専門的な研究・研修機能を充実し、情報提供及び人材養成を行うなど先導的役割を果たす