画像|実践講座・研修

園芸療法実践講座



研修目的

園芸療法は植物のもつ癒しの力、園芸活動(栽培活動、植物材料を用いた創造活動など)を通して、療法的支援を必要とする人々の機能の低下抑制、維持、回復をねらいとして、「こころ」「からだ」「社会性」に働きかけます。近年では、認知症の一次予防になどにも活用されるなど、健康づくりを視野に入れた活用もされています。
本講座では、園芸療法について学び、植物を用いた活動を通して健康効果を体験することにより、知識や技術を深めます。また、園芸療法の視点に立ち、施設や地域において継続的に活動できる人材を育成することを目的としています。

日時

令和3年11月25日(木)13:00~16:00(受付 12:30~)

会場

兵庫県立西播磨総合リハビリテーションセンター
研修交流センター 2階 研修室
※感染症対策を講じて実施いたします。

受講対象者

・園芸療法に興味があり、園芸活動を通して高齢者・障がい者等に対する支援を行うことに関心のある方
・実際に人と植物との関わりをリハビリや介護に活かすことに関わっておられる方

定員

20名

内容

時間 内容 担当・講師 会場
13:00~13:10 あいさつ・オリエンテーション 研修交流センター 研修交流センター2階研修室
13:10~14:10 【講演】
『 園芸療法
~植物のもつ癒しのちから・
園芸活動を活用して健康に~ 』
兵庫県立園芸療法士・
日本園芸療法学会 認定園芸療法士
兵庫県立大学 緑環境景観マネジメント研究科 客員研究員
横田 優子
14:10~14:20 休憩・実習準備
14:20~15:50 【実習】
園芸活動体験
『植物による心地よい五感の
刺激と植物材料を用いた
創造活動の楽しみ』
・ハーブ手浴
・ローズマリーのスワッグ
(吊るして飾る壁飾り)
・匂い袋づくり
15:50~16:00 アンケート記入・まとめ 研修交流センター

※感染拡大防止対策を講じながら実施いたします。

参加費

2,550円 当日徴収します。(釣銭のないよう持参ください。)

準備物

持参物 数量 備考
はさみ 1 園芸用 なければ文具用
手拭き用おしぼり 1 濡らしておく
フェイスタオル 1 手浴で使用
バスタオル 1 手浴で使用
洗面器 1 手浴用・ふちが平たくなっているものが望ましい
作品持ち帰り用袋 1 25㎝程度のスワッグが入る大きさ
好みのリボン(任意) 1 2㎝ ~ 2.5㎝幅 1m程度
クリスマス用につけたい方はお持ちください

申込期限

令和3年10月25日(月)必着

令和3年10月29日(金)まで延長
※締め切り後の申込みついては、まずは、ご連絡をお願いします。

申し込み方法

その他

  • 定員を超えた場合は、当方で受講者を決定させていただきます。
  • 研修に関してのお問い合せは、月曜~金曜日の9時~17時の間でお願いします。
  • 申込期間終了後、2週間経っても選考結果が届かない場合は、地域支援・研修交流課まで連絡してください。

問い合わせ先

社会福祉法人兵庫県社会福祉事業団 西播磨総合リハビリテーションセンター
地域支援・研修交流課
(月~金 9時~17時30分) TEL 0791-58-1050 FAX 0791-58-1070