カテゴリー「特定非営利活動法人 あけびの 利用者の皆様」の記事

あけびの仲間 作品展

2020年10月9日 / 特定非営利活動法人 あけびの 利用者の皆様

展示期間 2020年10月7日~2020年10月28日
作品名 あけびの仲間 作品展
作品制作者 特定非営利活動法人 あけびの 利用者の皆様
内容 「みんなの集える場所」をつくりたい、そんな想いから神経難病の患者を中心とした作業所をみんなの力で立ち上げたのがあけびの始まりです。
現在は、グループリビング、訪問看護ステーション、訪問介護ステーション、2ヶ所のデイサービス、パーキンソン病友の会姫路支部の事務所を運用しており、神経難病の患者や家族に寄り添い日々歩んでいます。なかまと共に新しい自分を発見し、患者と家族により生きがいのある生活を送っていただくためのきっかけをより多く提供していきたいと考えています。

画像1|あけびの仲間 作品展
画像2|あけびの仲間 作品展
画像3|あけびの仲間 作品展

あけびの仲間 作品展

2019年10月3日 / 特定非営利活動法人 あけびの 利用者の皆様

展示期間 2019年10月2日~2019年10月30日
作品名 あけびの仲間 作品展
作品制作者 特定非営利活動法人 あけびの 利用者の皆様
内容 【あけびのなかま 作品展】
「みんなの集える場所」をつくりたい、そんな想いから神経難病の患者を中心とした作業所をみんなの力で立ち上げたのがあけびの始まりです。
現在は、グループリビング、訪問看護ステーション、訪問介護ステーション、二ヶ所のデイサービス、パーキンソン病友の会姫路支部の事務所を運営しており、神経難病の患者や家族に寄り添い日々を歩んでいます。なかまと共に新しい自分を発見し、患者と家族により生きがいのある生活を送っていただくためのきっかけをより多く提供していきたいと考えています。

画像1|あけびの仲間 作品展
画像2|あけびの仲間 作品展
画像3|あけびの仲間 作品展

NPO法人 あけび利用者さんの作品展

2018年10月10日 / 特定非営利活動法人 あけびの 利用者の皆様

展示期間 2018年10月3日~2018年11月7日
作品名 NPO法人 あけび利用者さんの作品展
作品制作者 特定非営利活動法人 あけびの 利用者の皆様
内容 【NPO法人 あけび利用者さんの作品展】
認定NPO法人あけびは、主にパーキンソン病(神経難病)の方々が利用されている施設です。2004年4月に姫路市で難病の人々が集える場所として作業所を開設して以来、現在は、グループリビング、訪問介護、訪問看護、デイサービス2事業所を運営しています。
パーキンソン病という病気は、手足が震える(振戦)筋肉がこわばる(固縮)動きが遅くなる(無動)バランスがとりづらくなる(姿勢保持障害)の4大症状があります。そのような中でも利用者の皆様が一生懸命作られた作品をご覧ください

画像1|NPO法人 あけび利用者さんの作品展
画像2|NPO法人 あけび利用者さんの作品展
画像3|NPO法人 あけび利用者さんの作品展

特定非営利活動法人あけびの利用者の皆様の作品展

2017年9月22日 / 特定非営利活動法人 あけびの 利用者の皆様

展示期間 2017年8月23日~2017年9月27日
作品名 特定非営利活動法人あけびの利用者の皆様の作品展
作品制作者 特定非営利活動法人 あけびの 利用者の皆様
内容 【特定非営利活動法人あけびの利用者の皆様の作品展】
NPO法人あけびは、主にパーキンソン病(神経難病)の方が多く利用されている施設です。2004年4月に姫路市で難病の人々が集える場所として作業所を開設以来、現在は、グループリビング、訪問介護、訪問看護、デイサービス2事業所を運営しています。パーキンソン病という病気は、手足が震える(振戦)、筋肉がこわばる(固縮)、動きが遅くなる(無動)、バランスが取りづらくなる(姿勢保持障害)の4大症状があります。そのような中でも利用者の皆様が一生懸命作られた作品をご覧下さい。

画像1|特定非営利活動法人あけびの利用者の皆様の作品展
画像2|特定非営利活動法人あけびの利用者の皆様の作品展
画像3|特定非営利活動法人あけびの利用者の皆様の作品展

最新の展示ギャラリー

作品制作者

過去の展示物(月別)