ロボットリハビリテーション※「ロボットリハビリ®」は社会福祉法人兵庫県社会福祉事業団の登録商標です。

ロボットテクノロジーを活用した リハビリテーションを提供

ロボットテクノロジーをリハビリテーション手段として活用し、
効果的なリハビリテーション手法を提供することを目的としています。
対象は、四肢切断者や脊髄損傷など運動器に障害のある方です。
※ロボットリハビリテーションの提供には医師の診断が必要です。

筋電義手

写真:筋電義手
筋電義手 ※写真は一例です。

上肢切断の方に対して、世界で最先端の義手である筋肉の信号でハンドを動かすことができる筋電義手を用いたリハビリテーションを提供しています。

コンピューター制御義足

写真:コンピューター制御義足
コンピューター制御義足 ※写真は一例です。

下肢切断の方に対して、コンピューター制御義足など、高機能な義足を用いたリハビリテーションを提供しています。

ロボットスーツHAL®(サイバーダイン社)

写真:ロボットスーツHAL®
ロボットスーツHAL®※写真は一例です。

脊髄損傷(不全麻痺)の方に対して、歩行再建のためのリハビリ手段として、最先端の運動支援装置であるロボットスーツHAL®の導入に向けた研究や実証等を行っています。(H23年4月~)
また、筑波大学主導のHIT-2016(脳血管障害による片麻痺患者に対する生体電位等で随意コントロールされた下肢装置型治療ロボット(HAL-TS01)の下肢体幹運動能力改善効果に関する医師主導治験)に参加し、多くの患者さんにロボットリハビリテーションを提供しました。
この治験は、2020年9月をもって新規エントリーが終了となりましたが、これからも当院では先端的治療を視野に入れた確実なリハビリテーションを心がけて参ります。