認知症事例集データベース|認知症の方へより良い介護を受けて頂くための事例集

認知症の方の様々な事例に対する解決事例集

当サイトは、認知症の方がより良い介護を受けられるよう対応方法を共有することで、介護上のヒントが得られることを目的に作られたWebサイトです。

画像

はじめに

このたび、私どもは、認知症の方のさまざまな事象に対する解決事例をデータベース化することを企画いたしました。
認知症の方がより良い介護を受けることができるよう、対応方法を共有できることが大切かと考えております。

認知症の方は生活に困難さをかかえて苦労されています。周囲との摩擦、言動を否定される場面など、ご自身にとっては納得のいかない状況が生じることがあります。
また、私たち介護する側の人間もご本人の生活のしづらさを理解しその支援をしていく中で、十分な理解をしているつもりでもうまくいかない状態になることがあるのも事実です。

そういった状況になった時に、何か参考となるものがあるとよいのではないかとの思いからこの企画をいたしました。
認知症の方のさまざまな事象に対して解決事例を集積し、それをデータベース化してインターネット上でいつでも検索可能にすることで、いつどこにいても介護上の対応のヒントを得ることができます。

この認知症解決事例集から、一人でも多くの認知症の方を助けるヒントを得ていただけますと幸いです。

平成27年8月

兵庫県健康福祉部 参事 認知症対策担当
(前 兵庫県西播磨認知症疾患医療センター長) 柿木 達也

事例集調査の方法

認知症事例への調査は、認知症の方のケアに関わっておられる家族をはじめとして、医療・介護・福祉のスタッフに対してアンケート調査を実施しております。

  • アンケート調査実施者:
  • リハビリテーション西播磨病院内 認知症疾患医療センター
  • アンケート対象となる方:
  • 認知症の方のケアに関わっておられる家族をはじめとした、医療・介護・福祉のスタッフ
  • 調査の方法:
  • アンケート用紙に回答していただく方法で行っています。

プライバシーの保護と倫理的配慮

アンケート調査の結果は「こういう解決事例がある」というように、解決事例集の一つとして当サイトにて発表します。誰がどのような回答をしたかは、わからないようになっていますので、個人を特定できるような情報は公表されることは一切ございません。
また、アンケート調査によって集められた情報は、当サイト作成や学会発表以外には用いません。

この調査は、協力される方の人権が守られるように慎重に検討し、リハビリテーション西播磨病院の倫理委員会の承認を得て実施しております。

検索事例へ 当サイトの使い方へ