地域支援センター看板画像

地域

西播磨障害者就業・生活支援センター

image

 障害者就業・生活支援センターは、障害のある方が、身近な地域で安心して働き、自立した生活を送るために、雇用、保健、福祉、教育等の関係機関と連携して必要な支援を行なう「障害者雇用促進法」に基づく事業です。
 兵庫県社会福祉事業団赤穂精華園は2006年に県と国から委託を受けて「西播磨障害者就業・生活支援センター」を開設いたしました。

就労を通じて障害のある方の自立と社会参加を支援します

相関図

障害のある方の自立や安定した職業生活の実現のためには、働くことへの支援とともに日々の生活の安定が欠かせません。
当センターは本人への直接的な支援を行うと同時に、図のようにハローワーク、地域障害者職業センターなどの就業機関、事業主などの雇用分野、特別支援学校などの教育機関、就労支援事業所や福祉事務所(行政)、保健所などの福祉分野医療機関などと連携し、就業面と生活面の一体的なより良い支援が行われるよう連絡・調整する役割を担っています。

支援の内容
障害のある方に対して
  • 就業に関する相談・助言
  • 就業に伴う様々な生活相談・情報提供
  • 就業準備のための基礎訓練や職場実習のあっせん
  • 就業後の継続的な定着支援
などをいたします。
事業主の方に対して
障害のある方の雇用管理についての相談・助言をします。
『こんな疑問・不安はありませんか?』
  • 障害のある人を雇用したいが、どこに相談したら良いか?
  • どんな仕事を用意したら良いの?
  • どのような配慮が必要か?
  • 雇用している障害者にトラブルが起きた、どうしよう?
  • などをご相談いたします。
ご家族に対して
ご本人が安定した職業生活を送れるよう助言します。
会社との間に入り要望を伝えます。
関係機関との連携について
  • ハローワーク、障害者職業センター、福祉施設、医療機関、学校、各市町等の関係機関との連携を図り、支援します(個人情報については適切に取扱います)
ご利用の要件
  • 西播磨地域(相生市、たつの市、赤穂市、宍粟市、太子町、上郡町、佐用町)にお住まいの障害のある方(圏内の福祉施設をご利用されている方の相談にも応じます)
  • 就業への意欲がある方
  • 就業支援について、家族や主治医等の理解と協力が得られる方
支援の流れ
窓口相談
まずはお電話ください 状況を確認の上、面談させていただきます
西播磨障害者就業・生活支援センター  0791-43-2393
情報提供
相談内容に応じて、必要な情報提供を行います
利用登録
当センターの個人情報保護規定により適切に取り扱います
個別支援
あなたの状況に応じて
@障害者職業センターでの職業評価
A就労に向けての基礎訓練 B事業所での職場実習
をあっせんします
職場開拓
ハローワークと連携し、あなたに合った職場を一緒にさがします
職場実習
実際の事業所での職場実習体験により、あなたと事業所の適合性を確認します(私たちが必要なサポートをいたします)
就 職
@ハローワークと連携し、各種手続きや交渉、支援制度等の活用についてお手伝いします
A事業主の方からの雇用に関する相談にも応じます
定着支援
@安定した職業生活を送れるよう、必要に応じて職場・家庭を訪問し、職場での悩みなどの相談に応じます
A各関係機関と連携しながら各種福祉サービスの活用など、必要な生活支援を行います
再就職支援
様々な理由で、離職された方へ何度でも再就職の支援をします
就職/実習件数の推移
就職・実習件数
令和元年度支援実績値令和2年度支援目標値
@支援対象障害者数569 人600 人
A障害者に対する
相談・支援件数
2,669 件2,800 件
B職場実習の斡旋件数28 件25 件
C就職件数28 件25 件
D職場定着率
(H30年4月からH31年3月までに
就職した方の内1年経過後)
71,9 %75,0 %
@支援対象障害者数
  特別支援学校卒業生の就職増加、医療機関・就労支援事業所との連携強化により登録者 が伸びています。特に精神・発達障害のある方からの依頼が増えています。
A 障害者に対する相談・支援件数
  支援対象者が年々増加し、それに比例して相談・支援件数が増えています。
B 職場実習の斡旋件数
  昨年度から職場実習に係る保険費用を当センターが負担できるようになりましたので 職場実習がよりしやすくなったと思います。そのためか初めて実習者の半数を精神・発 達障害のある方が占めるようになりました。
C 就職件数
  ここ数年、企業の法令遵守の観点や人手不足から障害者求人が増加し、障害のある方の 就職は順調に増加しています。
D 職場定着率
  当圏域にジョブコーチがおらず、神戸市灘区にある兵庫障害者職業センターから来ても らっている状況です。基礎訓練を経ずに直接就職する精神障害者が多いこと、当センタ ーの母体が知的障害者支援施設のため精神障害者への支援経験不足もあり精神障害者 の定着率は低いです。今年度はさらに新型コロナウィルスの影響も懸念されますが、ハ ローワークとのチーム支援、医療機関や就労系の福祉事業所等との連携強化、及び職員 の一層のスキルアップに努めていきます。
E 令和2年度支援目標値について
   今年度は新型コロナウィルスによる影響から活動が制限され事業所訪問もままならず、 新たな障害者求人も滞っています。この状況が長引けばリーマンショック以上に企業活 動に影響し就職は勿論、定着にも影響が出てくるものと思われます。そのため、職場実 習の斡旋件数・就職件数は前年度を下回る目標値ですが、雇用の維持を重点目標とし、 ケースバイケースで迅速に対応していきます。
その人の身になった、マッチングを目指します
利用時間

月曜日〜金曜日 午前9時〜午後5時

利用料

相談や登録は無料です。
ただし、交通費・実習に際しての保険料・施設利用料などは自己負担となります。

その他の委託業務

職業紹介事業
障害者就職拡大推進事業
精神・発達障害者等就労強化事業

連絡先

〒678-0252
赤穂市大津1327 赤穂精華園内
TEL 0791-43-2393 FAX 0791-43-7404

相談

西播磨地域(相生市、たつの市、赤穂市、宍粟市、太子町、上郡町、佐用町)にお住まいの障害のある方・関係者はご相談ください。
Mail:nishiharimasyugyo@hwc.or.jp

このページのトップへ