社会福祉法人 兵庫県社会福祉事業団 小野起生園 小野福祉工場 ロゴ 社会福祉法人 兵庫県社会福祉事業団 小野起生園 小野福祉工場 ロゴ

メニュー

~介護から雇用までの総合的支援を展開する複合施設~

沿革

沿革

年月日 小野起生園 小野福祉工場
昭和48年 12月6日 発起人会 起生の会(創設時の運営法人)設立総会
昭和49年 7月5日 社会福祉法人 起生の会 設立認可
8月19日 小野福祉工場運営について、知事、三洋電機(株)社長、法人理事長の覚書交換
10月11日 兵庫県から福祉工場の運営受託
10月19日 小野福祉工場 竣工
10月29日 小野福祉工場 事業開始
昭和53年 1月10日 集会施設「憩いの家」竣工
昭和55年 5月1日 兵庫県から福祉工場の運営受託
5月27日 小野起生園 竣工
5月28日 小野起生園 事業開始
7月24日 皇太子殿下、同妃殿下行啓
昭和56年 10月3日 グラウンド完成
昭和61年 2月6日 神菱電機製造(株)《現(株)神菱》から部品組立作業業務受託
昭和63年 3月30日 第二工場 竣工
4月1日 第二工場棟の運営業務について、神菱電機製造(株)社長と法人理事長の覚書交換
平成3年 伊東電機(株)からモーターローラー組立業務受託
平成8年 6月13日 居住棟増築。
既存棟4人居室から2人居室
平成10年 7月1日 「起生の会」と「兵庫県社会福祉事業団」合併
平成15年 4月1日 基準該当デイサービス事業開始
(定員8名)
平成16年 4月1日 通所事業開始(定員5名)
児童短期入所事業開始(定員2名)
平成17年 6月20日 (株)松下(現パナソニック)エコテクノロジーセンターからリサイクル業務受託
平成18年 3月 リサイクル棟 竣工
10月1日 生活介護事業開始(定員10名)
短期入所事業開始(空床利用)
日中一時支援事業開始(定員3名)
(基準該当デイサービス事業、児童短期入所事業を廃止)
11月1日 相談支援事業開始
平成19年 4月1日 障害者自立支援法に基づく新体系に移行
就労移行支援(定員20名)
就労継続支援B型(定員30名)
(*通所事業5名を統合)
生活介護(定員10名)
施設入所支援(定員50名)
市町地域生活支援事業(定員3名)
(日中一時支援事業)開始
就労継続支援A型(定員40名)
就労継続支援B型(定員20名)
開始
7月2日 小野市地域生活支援事業《タイムケア》
(定員10名)受託
平成21年 2月1日 富士通周辺機(株)からリサイクル
業務開始(R2年3月終了)
平成21年 4月1日 兵庫県から施設の建物の移管を受け、事業団設置の社会福祉施設として施設経営を行う
事業一部変更
第一生活介護(定員20名)
(介護・日常生活支援中心)
第二生活介護(定員20名)
(生産・創作活動中心)
施設入所支援(定員40名)
小野市タイムケア事業(定員10名)
日中一時支援事業(定員3名)
*起生園の就労継続支援B型は廃止
平成22年 12月10日 第三工場竣工
パナソニックエコテクノロジーセンター(株)の寄付によりリサイクル作業場周辺環境整備事業完了
12月15日 (株)エスコアハーツより給湯器解体業務事業開始(H26年4月まで)
平成23年 7月1日 (株)アイールインターナショナルからデスクマット梱包等作業受託(H30年3月終了)
(株)協和製作所からローラーコンベア部品組立作業受託
平成24年 6月1日 定員変更
就労移行支援(定員12名)
第二生活介護(定員28名)
施設入所支援(定員36名)
平成25年 4月1日 夜間支援専門員配置による夜勤体制開始
6月1日 夜間支援専門員・支援員による夜勤体制開始
9月1日 グループホーム・ケアホーム「小野」開設(定員8名)
12月1日 グループホーム・ケアホーム「起生」開設(定員8名)
平成27年 11月1日 森松(株)から苗木保護シート製作作業を受託
12月31日 工場 単身棟閉鎖
平成28年 4月1日 就労移行支援 休止 定員変更
就労継続支援A型(定員30名)
就労継続支援B型(定員30名)

ひまわりラボプロジェクト 開始
平成29年 4月1日 定員変更
第二生活介護(定員20名)
平成31年 3月31日 定員変更
就労移行支援 廃止
タイムケア事業 廃止
日中一時支援事業 廃止
令和2年 4月1日 定員変更
施設入所支援(定員40名)