当院にて誤嚥防止手術の適応についての検証および手術を受けた患者さんへ

更新

当院に入院し、重篤な嚥下障害のため誤嚥防止手術の適応について検証を行った方、及び今後入院予定の同病態の方、嚥下リハビリテーションを行った誤嚥防止手術後の方、及び今後入院予定の同病態の方のうち、説明を行い同意を得られた方に参加していただいております。ご質問がおありの場合や同意された後に同意を撤回されたい場合には、遠慮なく下記問い合わせ先の担当者までご連絡ください。

対象となる方

当院に入院し、重篤な嚥下障害のため誤嚥防止手術の適応について検証を行った患者、および同病態で入院予定の患者、嚥下リハビリテーションを行った誤嚥防止手術後の患者、および入院予定の同病態の患者

研究名称

誤嚥防止手術後の経口摂取形態に影響を与える因子の研究

研究責任者

内科 高田 俊之

研究の目的

誤嚥防止手術の適応の可否の決定因子、および誤嚥防止術後のリハビリテーションにおいて接触可能な食形態に影響を与える因子について症例をもとに明らかにする。

利用するカルテ情報・試料

カルテ、画像所見等におけるこの研究で必要なデータ

研究実施期間

2021年1月から2023年3月まで

個人情報の取り扱い

お名前、ご住所などの個人を特定する情報については漏洩のないよう管理し、学会や学術雑誌等で公表する際には個人が特定されない形で使用することにより、個人情報とプライバシーは厳重に保護されます。

問い合わせ先

兵庫県立リハビリテーション中央病院
担当者:内科 高田 俊之
TEL:078-927-2727(代表) FAX:078-925-9203