筋電義手の理解度を評価する新規設問票の妥当性について

更新

筋電義手に関する専門知識を有さず、模擬筋電義手の操作を体験したことがない神戸学院大学総合リハビリテーション学部に在籍する大学生に説明を行い、同意をいただいた方に参加していただいております。ご質問がおありの場合や同意された後に同意を撤回されたい場合には、遠慮なく下記問い合わせ先の担当者までご連絡ください。

対象となる方

筋電義手に関する専門的知識を有さず、模擬筋電義手の操作を体験したことがないリハビリテーション学部に在籍する大学生40~80名

研究名称

筋電義手の理解度を評価する新規設問票の妥当性調査 ~模擬筋電義手操作体験は筋電義手の理解度を深めることができるか~

研究責任者

リハビリ療法部 松前 めぐみ

研究の目的

(1)筋電義手の理解度を推し量る評価法の開発
(2)模擬筋電義手の操作体験が、筋電義手の理解度に与える影響についての調査

利用するカルテ情報・試料

カルテ、画像所見等におけるこの研究で必要なデータ

研究実施期間

2019年11月から2021年3月まで

個人情報の取り扱い

お名前、ご住所などの個人を特定する情報については漏洩のないよう管理し、学会や学術雑誌等で公表する際には、個人が特定されない形で使用することにより、個人情報とプライバシーは厳重に保護されます。

問い合わせ先

兵庫県立リハビリテーション中央病院
担当者:リハビリ療法部 松前 めぐみ
TEL:078-927-2727(代表) FAX:078-925-9203