専攻医(後期研修医)の募集

専攻医 募集要項

1.応募資格

卒後2年間の初期臨床研修を終了した医師免許取得後3年目の者
すでに1~2年間の後期研修を行った医師免許取得後4、5年目の者

2.研修期間

3年以内

3.募集診療科目および募集人員

泌尿器科、リハビリテーション科を若干名

4.採用予定時期

4月1日を原則とする(年度中途採用あり応相談)

5.必要書類

  1. 履歴書(写真貼付)
  2. 志望理由記入表(様式1)
  3. 臨床研修・勤務歴記入表(様式2)
  4. 推薦書(様式3)
  5. 医師免許証(写)
  6. 卒業証明書
  7. 成績証明書

6.応募期間

随時募集します。詳細・お問合せについては、申し込み方法を参照下さい。

7.選考方法

応募書類審査及び面接

8.専攻医の処遇

  1. 身分:兵庫県社会福祉事業団の規定に基づく中央病院任期付職員
  2. 勤務時間:週40時間勤務(通常勤務は8時45分~17時30分)
  3. 休日:土・日曜日、祝祭日、年末年始、年次休暇:有(初年度12日:4月1日採用の場合)
  4. 当直:有(勤務時間とは別に平日及び土・日曜日、祝祭日、年末年始の宿日直)
  5. 給与:正規職員に準じる、その他手当は規程に基づく
    区分 年収(概ね) 備考
    医師免許取得後3年目 910万円 いずれも、当直月4回を見込んだ額
    医師免許取得後4年目 940万円
    医師免許取得後5年目 970万円
  6. 宿舎:医師宿舎の利用が可能(一部自己負担あり)
  7. 保険・年金:社会保険、厚生年金、雇用保険、労災保険
  8. 医療過誤保険:自己負担により個人加入
  9. その他
    ※大学院入学等の扱い
    希望に応じて、研修期間中においても、勤務しながら大学院入学及び大学院研修生入学が可能です。
    ※研修終了後の進路
    研修終了後も、引続き正規医師として当院に勤務することも可能です。

9.申し込み方法

募集要項を下記に請求し、必要な書類をそろえて直接持参または書留にて兵庫県立リハビリテーション中央病院 管理部あて郵送してください。

書類提出及び見学等問合せ先

〒651-2181 神戸市西区曙町1070
兵庫県立リハビリテーション中央病院
管理部管理課長宛
電話:078-927-2727
FAX:078-925-9203
※オンラインからのご応募は インターネット面接をご利用ください。

10.各科の案内

整形外科
施設認定
日本整形外科学会認定研修施設
指導スタッフ
  • 橋本 靖:院長
  • 北川 篤:整形外科部長・リウマチ科部長
診療概要
関節や脊椎の慢性疾患に対する手術部門と切断や脊髄損傷に対するリハビリテーション部門が当院整形外科の中心です。関節や脊椎の慢性疾患に対する手術の特徴としては人工関節置換術の手術件数が兵庫県で最も多い点が挙げられます。最近の人工関節手術の件数は股関節と膝関節を中心に2002年254件、2003年303件、2004年340件と増加しています。脊椎外科については変性疾患、腫瘍、外傷に対し、後頭頚椎移行部から仙椎にいたる全領域にわたり、年間約百件の手術を行っています。よって慢性関節疾患に対する関節外科と脊椎外科および切断 脊髄損傷のリハビリテーションが主な研修内容になります。
なお、1年間の当施設での研修後は神戸大学整形外科、およびその関連施設での研修プログラム(http://www.kobe-seikei.com/)が可能です。
資格への足がかり
日本整形外科学会認定研修施設のため、専門医の資格取得に必要な研修として認められます。
脳神経内科
施設認定
日本神経学会教育施設 兵庫県難病ネットワーク参加施設
指導スタッフ
  • 奥田 志保:脳神経内科部長
  • 上野 正夫:脳神経内科部長
  • 心理判定員:4名
診療概要
脳血管障害 変性疾患 頭部外傷 脱髄疾患 末梢神経障害 脊髄疾患などの疾患を対象とし診断とリハビリテーションを中心とした治療を行っています。神経難病や脳血管障害が主たる研修となります。
資格への足がかり
日本神経学会教育施設のため、専門医の資格取得に必要な研修として認められます。
泌尿器科
施設認定
日本泌尿器科学会専門医教育施設
日本泌尿器科学会排尿機能検査実地見学推薦施設
指導スタッフ
  • 仙石 淳:泌尿器科部長
  • 乃美 昌司:泌尿器科部長
診療概要
脊髄損傷、脳血管障害による下部尿路機能障害(神経因性膀胱)や前立腺肥大症、過活動膀胱など排尿障害一般を対象とし、ビデオウロダイナミクス等の尿流動態検査により、尿路管理法を選択しています。脊髄損傷患者の性機能障害に対する電気刺激射精法も施行しています。
資格への足がかり
日本泌尿器科学会専門医教育施設のため、専門医の資格取得に必要な研修として認められます。