脊髄損傷者の性についての講習会

平成8年より当センターの脊損性機能研究会が主催し、「自分の子供を得るために」と「豊かな性生活を送るために」のふたつのテーマについて、脊髄損傷者とその家族やパートナーを対象に「脊髄損傷者の性についての講習会」をおこなっています。

年2回開催しており、1回目(6月下旬~7月上旬頃、18時30分より約1時間)は、当研究会の講師が男性編と女性編に分けて主に基礎的な知識(なかには最新の情報まで)についてレクチャーします。
2回目(11~12月頃、同じく18時30分頃より開始)は、脊髄損傷者で実際に社会に復帰されて実子を得られた方や、他施設の専門家などを外部講師としてお招きし、それぞれ体験に基づくお話しや専門領域のお話をして頂いております。

開催日は約2ヵ月前より病院外来掲示板等へのポスターにてご案内します。お申し込みは泌尿器科外来受付に用意します申し込み用紙と受付箱にて、開催日の前日までにお済ませください。

(泌尿器科 仙石 記)

場所福祉のまちづくり工学研究所2階 セミナー室
対象者脊髄障害者とそのご家族(パートナーも同伴可)
開催日時 テーマ 講師
平成31年1月16日(水曜)
18時00分より約1時間
終了しました
脊髄損傷者の私生活について
~体外受精(顕微授精)や障害者スポーツを経験して~
宇野 正則 氏

※受講希望者は受講受付箱(泌尿器科外来前)までお申込み下さい。