ウェブアクセシビリティ

当院のホームページは、より多くの人が、どのような環境でも利用しやすいような配慮の上で構成し運営されています。
このページでは、ウェブアクセシビリティの方針やその具体的な内容について紹介しています。

対象とする範囲

兵庫県立リハビリテーション中央病院のウェブサイト(http://www.hwc.or.jp/hospital/)全体

例外事項

下記の項目は現時点で十分なアクセシビリティを達成することが困難なため、対象から除きます。

  • PDF,Excel,Wordなどの文書ファイル
  • アクセシビリティ方針策定前に作成されたコンテンツまたは画像,および動画等

目標とする適合レベル

JIS X 8341-3:2016の適合レベルAに配慮

※本方針における「配慮」という表記は、情報通信アクセス協議会ウェブアクセシビリティ基盤委員会「ウェブコンテンツのJIS X 8341-3:2016 対応度表記ガイドライン - 2016年3月版」で定められた表記によります。

本サイトでの取り組み

わかりやすさへの配慮

  • 各ページに適切な見出しを設置、見ただけで内容がわかりやすいようにしています。
  • 各ページの基本デザインや構成を統一しています。
  • サイトのどこのページを見ているかが把握できるように、すべてのページにパンくずリストを設置しています。
  • リンクの貼られている場所には下線や矢印をつけて識別しやすく、またリンク先が予測できるような表記にしています。
  • マウス・キーボードの両方で操作できるようにページを作成しています。

見やすさへの配慮

  • 画面の色の組み合わせ・コントラストに注意し、背景に対し文字が見やすくなるように配慮しています。
  • 色の違いがわからなくても情報を理解できるようにデザインに配慮しています。
  • 文字サイズ変更に対応しています。
  • スライドの停止・再生ボタンを設置しています。

音声読み上げソフトへの配慮

  • 読み上げの順序に配慮してページを作成しています。
  • 単語の文字間にスペースやタグを入れず、単語が適切に読み上げられるようにしています。
  • 日時・曜日が正しく読み上げられる表記を採用しています。(例)2019年4月1日月曜 12時30分
  • 読み上げの妨げになる機種依存文字を使用せず、数値は半角文字で記述します。
  • 画像などの文章ではない情報には代替テキストを設定し、どのような画像であるかがわかるように内容を記述しています。
    装飾的な画像については代替テキストを空にし、音声読み上げソフトがその画像を無視するように設定しています。