西播磨病院について|院長あいさつ-運営理念・基本方針

院長あいさつMessage from the director

画像|地域とともに歩み成長するリハビリテーション専門病院を目指して/加藤順一

 当院は、平成18年7月にリハビリテーション医療に特化した病院として開院して以来、西播磨や中播磨県域を中心に利用者さまが毎年着実に増え、地域とともに歩み成長するリハビリ専門病院という運営理念に従って発展しております。兵庫県下の急性期病院や近隣の病院との密な医療連携により、脳卒中、神経難病、運動器疾患、脊髄損傷などの疾患に対して必要な時期に必要なリハビリ医療サービスを提供しています。当院の病床は、回復期リハビリテーション病棟と障害者病棟で構成され、多職種からなるリハビリテーションチームによる医療サービスにより利用者さまの早期社会復帰を目指します。
 当院では、電子カルテによる職種間の情報共有と連携を高め、理学療法、作業療法、言語聴覚療法だけでなく音楽や園芸を治療に取り入れ、利用者さまより高い評価をいただいており、引き続き効果の検証を継続しています。また、入院中や退院前の自宅訪問によって退院後の生活を視野に入れた個別的なリハビリテーション医療の提供を実践しています。在宅社会復帰後の日常生活動作の機能維持を目的に、介護保険サービスを利用した短時間通所リハビリテーションサービスを提供しています。
 また、先進的なリハビリテーション医療を積極的に取り入れ、診断やリハビリテーション治療に利用しています。
 平成21年11月に開設された認知症疾患医療センターでは、西播磨圏域を中心にリハビリ専門病院という特色を活かし、認知症の予防から相談・診断・リハビリテーション・訪問まで専門スタッフによるサポートをするとともに、近隣の医療・保健・福祉・行政機関との連携のもと患者さま・ご家族の生活を多面的にケアサポートしています。
 リハビリテーションサービスにとどまらず、MRI、CT、超音波診断装置、筋電図・脳波計、運動負荷機器、骨密度をはじめとする最新の医療機器やSPECT検査機器および反復経頭蓋磁気刺激装置を配置し、高度な専門医療でも県民の皆様の期待に応えるべく各診療科医師と職員が一丸となって邁進しますので、今後も当院をご利用いただきますようよろしくお願いいたします。

運営理念・基本方針Philosophy and basic policy

運営理念

地域とともに歩み成長するリハビリテーション専門病院をめざします。

運営の基本方針

  • 先進的で個別的なリハビリテーションサービスを提供します。
  • 早期に家庭へ復帰し、地域でその人らしい生活ができるよう目指します。
  • 情報を共有し、安心・安全で患者と家族本位のチーム医療サービスを提供します。
  • 人間性豊かで専門技術に優れたリハビリテーション人材の育成に努めます。

患者さんへのメッセージ

  • 一人の人間として、その尊厳を尊重します。
  • 良質で安全・公平な適切な医療を提供します。
  • 私たちは、個人情報を守ります。
  • 病気、検査、治療などについて、よく分かるまで十分な説明を行います。
  • あなたの受ける医療について、自らの意思で選択し、決定することができます。
  • あなたの受ける医療について、複数の医師や医療機関に相談を求めることができます。
  • あなた自身の診療記録の開示を求める権利があります。
  • あなた自身の健康に関する情報を、私たちに詳しく正確に知らせてください。
  • 必要な医療や検査等に意欲を持って取り組んでください。
  • 他の患者さんの治療や、快適な療養生活の妨げにならないよう配慮いただくとともに、病院内の規則を守り、医療従事者の指示にしたがってください。

バナー|初めてご利用になられる皆様へ

バナー|パーキンソン病~短期集中入院リハビリ~

バナー|失語症の方々への専門外来

バナー|短時間通所リハビリテーション

バナー|近隣の医療機関の皆様へ

バナー|申請書類等書式ダウンロード

バナー|ボランティア募集

バナー|医師・看護師・職員の募集

バナー|神経難病リハビリテーションセンターFacebook