外来受診のご案内|失語症専門外来について

失語症専門外来Aphasia professional foreignness

失語症でお悩みの患者様とご家族の方へ

当院では、失語症の方々への専門外来を行っています。
失語症は、脳卒中などの病気や事故の後遺症としておこるもので、単に「ことば」が話しにくくなるだけでなく、理解することや読み書きも不自由になる病気です。

この失語症の症状は、目に見えないだけに分かりにくい側面があり、よく理解せず素人判断で対応してしまうと、思わぬかたちで傷つけてしまったり、トラブルが生じてしまう怖れがあります。失語症の方が100人おられれば100人ともその症状も異なり、コミュニケーションの対応方法も、それぞれに異なります。

失語症専門外来では、言葉を中心としたコミュニケーション能力を正しく評価し、個々の患者様にとって最適な訓練を行っていきます。

また、ご家族の方に失語症を正しく理解していただくとともに、ご家庭で困っておられる事、疑問に思われている事を、ともに解決できるよう取り組んでいきます。
当院には、失語症に詳しい医師や言語聴覚士(ST)がそろっており、訓練施設・環境とも充実しております。

失語症の改善は比較的緩やかであり、訓練の効果が年単位に及ぶ場合もあります。
一般には脳卒中などの脳血管障害のリハビリは、医療保険にて原則発症から半年以内とされていますが、これを越えても改善が見込まれるケースなど、医師が必要性を認めればリハビリは継続可能です

ことばの能力が低下してお困りの方、家庭内などでコミュニケーションが取れずにお困りの方など、発症からの日数に係わりなく、失語症専門外来を受診されてはいかがでしょうか。

なお、外来に来られた時は、『失語症専門外来に受診に来られた旨』を受付窓口にお伝えください。失語症外来の診療科は、脳神経内科および内科となります。

画像 | 失語症外来の様子

 失語症外来についてのご質問は、総合相談・地域連携室 黒崎、もしくは、リハビリ療法部 東山 までご連絡ください。

画像|お問い合わせ

バナー|初めてご利用になられる皆様へ

バナー|パーキンソン病~短期集中入院リハビリ~

バナー|失語症の方々への専門外来

バナー|短時間通所リハビリテーション

バナー|近隣の医療機関の皆様へ

バナー|申請書類等書式ダウンロード

バナー|ボランティア募集

バナー|医師・看護師・職員の募集

バナー|神経難病リハビリテーションセンターFacebook