神経内科

脳、脊髄、末梢神経、筋肉の異常によって起こる病気を診断・治療します。
神経内科疾患は、手足のしびれ、手足に力が入らない、頭痛、めまい、手足のふるえ、ふらつきや歩きにくさ、物忘れ、などが主な症状です。診断・治療・リハビリテーションを含めた一貫した治療を行っています。

主な診療疾患

脳血管疾患(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血など)、頭部外傷、神経難病(パーキンソン病、多発性硬化症、脊髄小脳変性症、多系統萎縮症、筋萎縮性側索硬化症、多発性筋炎、重症筋無力症など)やその他の神経変性疾患(アルツハイマー病その他の認知症など)、末梢神経疾患(ギラン・バレー症候群、慢性炎症性脱髄性多発根神経炎、遺伝性末梢神経障害など)

スタッフ紹介

氏名 役職 卒業年次 専門医資格など 専門領域
奥田 志保
  • 神経内科部長
  • 地域医療連携部長
平成2年
  • 日本神経学会認定神経内科専門医、指導医、代議員
  • 日本内科学会認定総合内科専門医、指導医
  • 日本リハビリテーション医学会認定臨床医
  • 臨床研修指導医
  • 身体障害者福祉法第15条指定医
神経内科全般
上野 正夫
  • 神経内科医長
平成11年
  • 日本神経学会認定神経内科専門医、指導医
  • 日本内科学会認定総合内科専門医、指導医
  • 日本リハビリテーション医学会認定臨床医
  • 身体障害者福祉法第15条指定医
神経内科全般
一角 朋子
  • 神経内科医長
平成16年
  • 日本リハビリテーション学会認定専門医、指導医
  • 日本神経学会神経内科専門医
  • 日本内科学会認定内科医
  • 身体障害者福祉法第15条指定医
神経内科全般
井元 万紀子
  • 神経内科医長
平成19年
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本神経学会神経内科専門医
  • 身体障害者福祉法第15条指定医
神経内科全般

神経内科疾患全般の診断や治療に加えて、神経難病や高次脳機能障害のリハビリテーションにも力を入れています。
特にパーキンソン病では、医師、看護師、セラピストからなるプロジェクトチームを結成して、音楽療法を含めた5週間の入院プログラムに沿ったリハビリテーションを行っています。
また、患者さんが自宅でできる自主訓練用のパンフレットや、神経難病について解説したパンフレットを作成し、疾患の理解に役立ててもらっています。

パーキンソン病ホームエクササイズ パンフレットPDF(PDF:3.26MB)

※本パンフレットは患者さんのご協力により、在宅でのリハビリプログラムとして作成しました。本パンフレットの文・挿絵等の内容をリハビリ以外の目的には使用しないでください。

疾患別パンフレット

高次脳機能障害に関しては、当院は県の拠点機関の指定を受け、県内広域から患者さんをご紹介いただいています。
頭部外傷、低酸素脳症、脳卒中などの疾患を発症後、記憶障害、注意障害が残存する患者さんの転院を受け入れたり、受傷後しばらくしてから高次脳機能障害に気づかれて、当科を受診されるケースも増加しています。
まず、臨床心理士による詳細な評価を行い、セラピストを含めたチームアプローチでリハビリテーション治療を行います。
職場復帰や就労支援に関しては、医療ソーシャルワーカーや高次脳機能障害相談窓口のコーディネーターなど、多職種が広く連携しながら患者さんを支援しています。

県内広域の病院からの紹介があり、国際学会を含む学会活動も盛んです。また日本神経学会教育施設のため、専門医の取得に必要な研修として認められており、後期研修医を募集しています。

業務実績

平成28年度 神経内科入院患者数

脳卒中 20
頭部外傷 21
パーキンソン病 68
パーキンソン症候群
(大脳皮質基底核変性症、多系統萎縮症、進行性核上性麻痺等)
23
髄膜脳炎 16
多発性硬化症・視神経脊髄炎 6
脊髄小脳変性症 5
脳腫瘍 4
低酸素脳症 4
痙性対麻痺 5
脊髄梗塞 8
ギランバレー症候群 13
その他の末梢神経障害 6
ポストポリオ症候群 3
その他 14
216

平成28年度 高次脳機能障害検査数

入院 外来
失語症を中心とするもの 67 19
記憶障害・遂行機能障害を中心とするもの 172 32
注意障害を中心とするもの 342 71

平成28年度 実施検査(判読・診断含む)件数

神経伝導検査 193
誘発電位 53
筋電図 31
脳波 90

平成28年度 ボトックス治療件数

ボトックス治療(痙性斜頸、眼瞼けいれん、片側顔面けいれんなど) 41

神経内科 業績

学会発表・論文PDF(PDF:184KB)