リハビリテーション科

麻痺や言語障害を中心とした「機能障害」、日常生活動作の「能力障害」、そして住まいや環境の「社会的不利」に、段階的なリハ治療プログラムで、専門スタッフのチームアプローチと病院内外の多くの部門との連携で社会復帰に向けた治療を行います。

主な病状

脳卒中・頭部外傷・脊髄疾患・神経疾患等によって引き起こされる麻痺や言語障害

スタッフ紹介

氏名 役職 卒業年次 専門医資格など 専門領域
陳 隆明
  • 兵庫県社会福祉事業団理事兼総合リハビリテーションセンター所長・福祉のまちづくり研究所長・ロボットリハビリテーションセンター長
昭和61年
  • 日本リハビリテーション医学会認定リハビリテーション科指導責任者・専門医・臨床医
  • 日本整形外科学会認定整形外科専門医
  • 厚生労働省主催義肢装具等適合判定医師研修会講師
  • 義肢装具等適合判定医師
  • 神戸大学客員准教授
  • 兵庫県立身体障害者更生相談所嘱託医
  • 身体障害者福祉法第15条指定医
  • 難病指定医
  • 切断・義肢・装具
  • 脊髄損傷
  • ロボットリハビリ
大串 幹
  • 診療部長
  • リハビリテーション科部長
昭和61年
  • 日本リハビリテーション医学会認定リハビリテーション科指導医・専門医・臨床医
  • 日本整形外科学会認定専門医・指導医・運動器リハビリテーション医
  • 産科医療保障制度診断協力医
  • 臨床研修指導医・共用試験医学系OSCE認定者
  • 日本障がい者スポーツ協会認定障がい者スポーツ医
  • リハビリテーション一般
  • 義肢装具
  • 痙縮治療
冨士井 睦
  • リハビリテーション科医長
平成14年
  • 日本脳神経外科学会専門医
  • 日本脳卒中学会認定脳卒中専門医
  • 臨床研修指導医
  • 脳血管障害
  • リハビリテーション一般
リハビリテーション室の写真
リハビリテーション室
お食事風景の写真
摂食訓練
言語・音声評価測定の写真
音声評価測定

担当する病棟は、一定の基準を満たし開設された回復期リハビリテーション病棟を主体にしており、脳卒中や頭部外傷後遺症の患者さんで発症(受傷)から60日以内に急性期病院から転入院して頂き、比較的早期にリハ・プログラムを施行して可能な限り在宅復帰をしていただけるよう努力するものです。

リハビリテーション科 業績