内科

脳梗塞脳卒中、頭部外傷などによる運動・感覚障害、その他の後遺症に対して内科合併症の治療とその予防およびリハビリテーションを専門スタッフとチームを組んで進め、家庭復帰・社会復帰を目指します。

主な疾患

脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、頭部外傷、脳腫瘍術後、糖尿病、廃用症候群

スタッフ紹介

氏名 役職 卒業年次 専門医資格など
早川 みち子
  • 副院長
  • 内科部長
昭和56年
  • 日本内科学会認定総合内科専門医
  • 日本糖尿病学会専門医・研修指導医
八木 規夫
  • 内科部長
昭和62年
  • 日本内科学会認定総合内科専門医
  • 日本糖尿病学会専門医・研修指導医
高田 俊之
  • 内科部長
  • リハビリテーション科部長(兼務)
  • 検査・放射線部長(兼務)
  • 栄養指導室長(兼務)
平成3年
  • 身体障害者福祉法第15条指定医
  • 日本リハビリテーション医学会専門医
楠 仁美
  • 内科部長
平成4年
  • 日本内科学会認定総合内科専門医
  • 日本糖尿病学会専門医
  • 日本消化器病学会専門医
野田 昌宏
  • 内科医長
平成22年
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本結核病学会 結核・抗酸菌症認定医
  • 日本医師会認定産業医

平成15年度から5階東西の病棟を回復期リハビリテーション病棟とし、クリニカルパスに基づいて医師のみならず病棟専従の療法士、MSW、看護師等のスタッフがカンファレンス、ミーティングを密にすることで効果を上げています。また、平成20年度からは脳卒中地域医療連携を進め、急性期病院と連携し発症早期から専門的なリハビリテーションを開始できるように努めています。現在、東播磨脳卒中地域医療連携協議会と神戸広域脳卒中地域連携協議会に参加しています。地域連携により脳卒中発症から当院入院までに要する期間が短縮されてきました。これら以外の急性期病院からも当院の地域医療連携室を通してリハビリテーションが必要な方の入院受け入れを行っていますので、ご連絡ご相談ください。

現在、脳卒中の回復期リハビリテーションに関しては、神経内科、リハビリテーション科と協力して診療しています。毎週水曜日に回診を協同して行い、よりよいリハビリテーションをセラピストとともに検討しています。また、下記のように摂食嚥下の検査も増加しており、定期的に言語聴覚士を交えて読影会、カンファレンスを行い治療に生かしています。

回復期リハビリテーション以外の診療内容

脳卒中の方には、基礎疾患として、高血圧、糖尿病、高脂血症、心房細動、虚血性心疾患などをみることが多く、内科的にこれらの診断、各種検査による重症度の判定、生活助言、治療を行い、脳卒中の再発予防に努めています。患者さん・ご家族の皆様には医師、栄養士、看護師、薬剤師、理学療法士による「生活習慣病を学ぼう会」を定期的に開催し、主に糖尿病を中心として疾患の理解を深め、健康の維持、治療に役立てていただいています。

このほか、一般内科・循環器疾患の検査も行っています。心臓・頚動脈・腹部の各種超音波検査や術前の心機能検査などを、実施しています。

FreeStyleリブレProのイメージ
図1:FreeStyleリブレPro

平成26年度から持続グルコース測定もできるようになりました。最近は自己血糖測定による補正が不要な「FreeStyleリブレPro」(図1)が使用できるようになりました。15分おきの皮下のグルコース濃度を14日分記録でき、1日の血糖のパターンを知ることにより治療に役立てられます。

左の500円玉くらいの大きさのセンサー(図1の左)を二の腕後ろに貼りつけて、14日間のデータを記録します。14日後に右の機械をかざして読み取ります。読み取ったデータは図2のように連続した値としてパソコン上で表示することができます。また、1日ごとのデータも出せるので、日ごとの食事、運動、お薬の影響をわかりやすく知ることができます。

術前の心機能検査の写真
図2:データの表示

平成25年4月より、Kobe DM net (神戸糖尿病連携パス)の稼働に伴い、糖尿病の地域医療連携にも参加しています。地域連携室を通じてご紹介ください。
さらに26年度から高田俊之栄養指導室室長を中心として、栄養サポートチーム(NST)の活動を本格化して定期的にNSTカンファレンス、回診を行っています。

内科・循環器内科実績

平成28年度 検査実績

上部消化管内視鏡検査 14件
心エコー検査 484件
腹部エコー検査 132件
下肢血管エコー検査 352件
頸動脈エコー検査 40件
嚥下造影検査(神経内科と共同) 134件
嚥下内視鏡検査(神経内科と共同) 92件
ホルター心電図検査 95件
運動負荷(呼気ガス分析)試験 11件
CGM(持続グルコース測定) 11件

平成28年度 処置・手術実績

胃瘻カテーテル交換 7人

平成28年度 退院患者内訳

退院患者数(主病名) 220人
脳梗塞 108人
脳出血 59人
くも膜下出血 6人
頭部外傷 12人
脳・脊髄腫瘍 4人
廃用症候群 1人
糖尿病 4人
痙縮(ボトックス治療) 14人
その他 12人

(その他に死亡退院 1人)

内科・循環器内科 業績

平成28年度業績(PDF:134KB)

患者教室のご案内

生活習慣病を学ぼう会