内科

脳梗塞をはじめとする脳卒中や頭部外傷などによる運動・感覚障害、その他の後遺症に対してリハビリテーションを専門スタッフとチームを組んで進め、家庭復帰・社会復帰を目指します。糖尿病などの生活習慣病の治療に勤め、脳卒中の再発予防を目指します。

主な疾患

脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、頭部外傷、脳腫瘍術後、廃用症候群、糖尿病

スタッフ紹介

氏名 役職 卒業年次 専門医資格など
早川 みち子
  • 副院長
  • 内科部長
昭和56年
  • 日本内科学会認定総合内科専門医
  • 日本糖尿病学会専門医・研修指導医
八木 規夫
  • 内科部長
昭和62年
  • 日本内科学会認定総合内科専門医
  • 日本糖尿病学会専門医・研修指導医
高田 俊之
  • 内科部長
  • リハビリテーション科部長(兼務)
  • 検査・放射線部長(兼務)
平成3年
  • 身体障害者福祉法第15条指定医
  • 日本リハビリテーション医学会専門医
楠 仁美
  • 内科部長
  • 栄養管理部部長
平成4年
  • 日本内科学会認定総合内科専門医
  • 日本糖尿病学会専門医
  • 日本消化器病学会専門医
野田 昌宏
  • 内科医長
平成22年
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本結核病学会 結核・抗酸菌症認定医
  • 日本医師会認定産業医

5階東西の病棟を回復期リハビリテーション病棟とし、クリニカルパスに基づいて医師のみならず病棟専従の療法士、MSW、看護師等のスタッフがカンファレンス、ミーティングを密にすることでの効果を上げています。また、平成20年度からは脳卒中地域医療連携を進め、急性期病院と連携し発症早期から専門的なリハビリテーションを開始できるように努めています。現在、東播磨脳卒中地域医療連携協議会と神戸広域脳卒中地域連携協議会に参加しています。地域連携により脳卒中発症から当院入院までに要する期間が短縮されてきました。これら地域以外の急性期病院からも当院の地域医療連携室を通してリハビリテーションが必要な方の入院受け入れを行っていますので、ご連絡ご相談ください。

現在、脳卒中の回復期リハビリテーションに関しては、神経内科、リハビリテーション科と協力して診療しています。毎週水曜日に回診を協同して行い、よりよいリハビリテーションをセラピストとともに検討しています。また、下記のように摂食嚥下の検査も増加しており、定期的に言語聴覚士、管理栄養士を交えて読影会、カンファレンスを行い治療に生かしています。

回復期リハビリテーション以外の診療内容

脳卒中の方には、基礎疾患として、高血圧、糖尿病、高脂血症、心房細動、虚血性心疾患などをみることが多く、内科的にこれらの診断、各種検査による重症度の判定、生活助言、治療を行い、脳卒中の再発予防に努めています。患者さん・ご家族の皆様には医師、栄養士、看護師、薬剤師、理学療法士による「生活習慣病を学ぼう会」を定期的に開催し、主に糖尿病を中心として疾患の理解を深め、健康の維持、治療に役立てていただいています。

このほか、一般内科・循環器疾患の検査も行っています。心臓・頚動脈・腹部の各種超音波検査や術前の心機能検査などを、実施しています。

FreeStyleリブレProのイメージ
図1:FreeStyleリブレPro

平成26年度から持続グルコース測定もできるようになりました。昨年度からは自己血糖測定による補正が不要な「FreeStyleリブレPro」(図1)が使用できるようになりました。15分おきの皮下のグルコース濃度を14日分記録でき、1日の血糖のパターンを知ることにより治療に役立てられます。

左の500円玉くらいの大きさのセンサー(図1の左)を二の腕後ろに貼りつけて、14日間のデータを記録します。14日後に右の機械をかざして読み取ります。読み取ったデータは図2のように連続した値としてパソコン上で表示することができます。また、1日ごとのデータも出せるので、日ごとの食事、運動、お薬の影響をわかりやすく知ることができます。

術前の心機能検査の写真
図2:データの表示

平成25年4月より、西神戸市民病院を中心とした Kobe DM net(神戸糖尿病連携パス)の稼働に伴い、糖尿病の地域医療連携にも参加しています。地域連携室を通じてご紹介ください。
さらに26年度から栄養指導室室長を中心として、栄養サポートチーム(NST)の活動を本格化して定期的に栄養カンファレンス・回診を行っています。本年度からは栄養指導室は栄養管理部になり、楠仁美医師が部長に就任しました。これまでどおり、栄養カンファレンス・回診を行うとともに、回復期リハビリテーション病棟にても栄養管理を積極的に進めていきます。

糖尿病教育入院のお知らせ

糖尿病は慢性的に血糖の高い状態が持続する病気で、治療をせずに放置しておくと合併症が進行し神経や腎臓、眼の網膜などをはじめ様々な臓器に障害がおきてきます。そのため、手足のしびれや体のむくみ、視力の低下などの症状が出現し、動脈硬化の進行により脳卒中(脳梗塞・脳出血)や虚血性心疾患(心筋梗塞・狭心症)、下肢の血流障害などの病気が引き起こされます。このような糖尿病の合併症を予防するためにも、糖尿病がどのような病気かを早期から理解し、現在の合併症の程度を把握しながら今後の治療方針を立てていくことが大変重要になります。
当院の糖尿病教育入院では ‥尿病がどのような病気であるのか、糖尿病に関する知識の習得 現在の糖尿病の病状(合併症の程度)把握のための検査 0化した血糖改善目的のための内服薬の調整やインスリン導入など行います。患者様が糖尿病を持ちながらでも安心して生活していただくために必要な知識と、様々な状況への対応方法を入院中に紹介させていただきます。

糖尿病教育入院のコースについて

入院期間は1週間コースと2週間コースがあります。

1週間コース
  • 糖尿病の知識の習得と合併症の精査
2週間コース
  • 1週間コースの内容に加えて運動の実践
  • 血糖改善のための内服薬や注射薬(インスリンなど)の調整
  • 連続血糖測定(FreeStyleリブレ®)による日常での詳細な血糖変動の理解

患者様の御希望にあわせて入院期間は選択できますが、入院期間の選択は以下の様なことを参考にしてください。

1週間コース選択
  1. 初めて糖尿病を指摘され、糖尿病の知識や対処法を学びたい方
  2. 合併症の進行程度をチェックしたい方
2週間コース選択
  1. 血糖のコントロールが悪化して、合併症のチェックをしながら食事療法や運動療法、薬物療法を見直し血糖改善を図りたい方
  2. 内服薬の調整やインスリンの導入をして血糖を改善したい方
  3. 1日の細やかな血糖変動を把握し、生活習慣の見直し、薬剤の効果を確認したい方

糖尿病教育入院の実施予定日

教育入院は毎月1回実施しており、本年度の教育入院予定日は以下の通りです。

平成30年
10月10月15日(月)より1〜2週間
11月11月5日(月)より1〜2週間
12月12月3日(月)より1〜2週間

※来年度予定日は後日掲載いたします。

スタッフの写真

糖尿病は早期に発見し治療を始めることが、合併症予防のためにも大変重要です。糖尿病とはどのような病気であるのか、その対処法や治療法などを教育入院でしっかりと学んでいただき、今後の健康維持にお役立ていただけるよう教育入院スタッフがしっかりとサポートさせていただきますので、是非一度ご利用下さい。

糖尿病教育入院についてお問い合わせ先

糖尿病教育入院のご希望の患者様
医療福祉相談室(電話:代表078-927-2727)までご連絡ください。
医療機関の方
当院地域連携室(下記)までご連絡ください。
地域医療連携室:TEL 078-925-9264(直通)  FAX 078-925-9362(直通)

糖尿病教育入院のパンフレットは当院1階会計前の相談窓口にございますので、ご自由にお取りください。

内科・循環器内科実績

平成29年度 検査実績

心エコー検査 494件
腹部エコー検査 98件
下肢血管エコー検査 398件
頸動脈エコー検査 27件
嚥下造影検査(神経内科・リハビリテーション科と共同) 111件
嚥下内視鏡検査(神経内科・リハビリテーション科と共同) 84件
ホルター心電図検査 73件
運動負荷(呼気ガス分析)試験 9件
持続皮下グルコース測定 31件

平成29年度 処置実績

胃瘻カテーテル交換 7人

平成29年度 退院患者内訳

退院患者数(主病名) 233人
脳梗塞 99人
脳出血 78人
くも膜下出血 7人
頭部外傷 10人
脳・脊髄腫瘍 1人
廃用症候群 4人
糖尿病 5人
痙縮(ボトックス治療) 13人
その他 5人

内科・循環器内科 業績

平成29年度業績(PDF:153KB)

患者教室のご案内

生活習慣病を学ぼう会